「リストライクコイン」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

これは英語だと「リストラック」すなわち再製造と書きます。
つまり同時代に製造され流通したものではなく、後世になって同じ極印で以て文字通り再度製造したコインです。
造幣局などに保管された極印を再使用するケースが殆どですからオフィシャルと考えてよいのですが、
このタイプのコインを金地金としてでなく、オリジナルと一緒にクラシックコインのコレクションとして収めるのには疑問?を抱きます。やはり一線を画すべきでは?と考えております。
「リストライク・コイン」は金貨がすべてと見ても良いほどで、フランス、オーストリア、ハンガリー、メキシコなどで実施され、インフレヘッジ用の資産として銀行や両替屋の窓口で、金地金の価値にプレミアを付して売り出しされました。
この購入先に持参すれば、当日の金価格から出されている売買価格で現金化できるという性質のものでした。

【*ここから先は会員様限定公開になります。

会員登録がまだお済でない方は「こちら」よりご登録をお願いします。

ホーム画面右側の「ログイン」からも新規会員登録が出来ます。】

2014.5.22|コインについて コレクションの始め方 人気記事一覧 貨幣の基礎知識

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL