金地金タイプの金貨は資産としてどうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

1981年1月のヨーロッパにおける金(ゴールド)の相場データが出てきたので、ここで「金地金タイプの金貨は値上がり期待資産としてはどうか?」

といった視点からお話ししたいと思います。

1981年ロンドンのパークレーン・ヒルトンの1泊は70ポンドで、レートは1ポンドが507円だった。

35000円ほどだったのが判る。

純金1キロのバーは、パリで¥4,231,700円を記録している。2014年8月――すなわちそれから33年半を経過した今、¥4,259,000円だから全く変化ないのが判る。

つまり34年近くの間、貨幣価値の下落だけがあったことを意味する。

34年前に地金タイプの金貨を購入していた人は、全く得るものがないどころか、かえって大損していることになる。

もしこの頃にインドのヴィクトリア女王を描くモーハ金貨(10~11グラムほど)を買っていたら、EF45程度で6~8万円が現在では50万円以上になっている。

銀貨でも1860年のカンボジアのピアストル銀貨UNCが、今では200万円以上だから順当な値上がりと言える。

仏領インドシナのプルーフセットも同様である。

これらはほんの一例だが、地金タイプは余程機会に恵まれない限り、利益を得らることなど皆無に等しいと私<平木>は考える。

 

CoinExpert LLC

顧問 平木啓一

2014.8.8|ピックアップ記事

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL