貨幣の歴史について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

紀元前7世紀にリュディアで、金と銀の自然合金――エレクトルム貨を通貨に用いたのが始まりで、それ

は獅子の頭部を刻んだものであった。これが世界最初の貨幣とされている。
ギリシア期はアテナイなどの都市国家が、経済規模の拡大につれ貨幣経済へと移行するにつれ、この便

利な交換手段が主流になってゆく。都市国家のなかでも強い国力を有したアテナイはじめ、シラクサ、カ

ルタゴ、マケドニアなどが中心となった。
やがてイタリア半島の中央――ローマが勃興し、地中海のみならず小アジアにも勢力を伸長させた。そ

して拡大を続けながら、衰勢のマケドニアなどを制圧。ついにイギリスからスペイン、ゴール(フランス

)、ゲルマニア(ドイツ)、更にはティグリス・ユーフラテス河にまで進出した。その発行した貨幣はそれ

らの地において、今日も発掘され往時の繁栄を思い起こさせる。
けれどローマの衰退――中世の暗黒時代の訪れは、貨幣経済どころか貨幣製造技術まで退化させた。ビ

ザンツ帝国などの拙劣な貨幣を見るにつけ、「暗黒時代」を物語っているのが判る。これはルネッサンス

期まで、実に10世紀前後続く。
やがて訪れたルネッサンス期の貨幣は、為政者の肖像を復活させ、同時に大型銀貨の全盛時代へと進ん

でいった。貨幣製造技術も次第に恢復を見せ、やがて神聖ローマ帝国で、イギリスで、ドイツ諸国で、フ

ランスで、素晴らしい技術革新により、多量の貴金属が生産されたことにもよる。加えてスペイン領新大

陸からの莫大な量の銀が、ヨーロッパに大量の大型銀貨を流通させたのである。
フランス革命とナポレオンの登場は、10進法の採用という近代幣制を生み、貨幣製造技術も近代化が

進んだ。それ以前の1600年代後半からは、経済活動も活性化しオランダのような通商国家を生む。やがて

大型金貨もイギリスや神聖ローマ帝国で多く見られた。大型のメダルは、その純金や純銀量に従って、流

通貨としても使用された。
更に大きな金額の交換手段が必要とされた1700年代中期以降、手形や小切手の性格を帯びた紙幣が用い

られるようになり、流通市場の主役となった。
こうして展望してみると、貨幣経済でコインが主役だった時代は、ルネッサンス期以降の大型銀貨の時

代と、見事に一致しているのが判る。これはまた大型金貨の時代でもあった。

カール5世(1519―56)の2ターレル銀貨に相当する記念メダル2カール5世メダルの裏

 

ルネサンス期を代表する神聖ローマ帝国のマクシミリアン1世(1493―1519)のグルディナ―銀貨

ルネサンス期を代表する神聖ローマ帝国のマクシミリアン1世(1493―1519)のグルディナ―銀貨

2013.8.1|貨幣の基礎知識 貨幣の歴史

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL