世界最大の銀貨

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

古代ギリシア期のデカドラクマ銀貨は86グラムほどの量目を有していた。

ローマ期には AD369年のこと、量目104グラム強の24ミリアレシア(48シリクエ)

銀貨が登場している。

中世に貨幣製造は衰退したが、これは銀の絶対数が不足していたからだった。

しかしながら1486年にティロルで完全年号入り大型銀貨が発行された。

それ以後、ヨーロッパは金銀の精錬技術の向上により、大型銀貨の全盛時代に突入した。

スペイン領の新大陸ーーとりわけ上ペルーのポトシなどで大量の銀が発見されると、

それがブラウンシュヴァイク・ヴォルフェンビュッテルなどの12ターレル銀貨(量目349グラム)と言った、超大型銀貨を生んだ。

これが流通した最大の銀貨と考えて支障ないだろう。

現在ではオーストラリアや中国が1キログラム銀貨を発行しているが、これは地銀の販売に毛が生えたものだ。

本当の意味で流通市場に出ていないからである。

2018.4.4|コインについて 貨幣の歴史

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL