goatについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

中世ヨーロッパでは「厚手の銀貨」の総称としてGROATが用いられた。語源はDENARII REOSSIすなわち「大きいデナリウス銀貨」から発しており、

最初にイングランドで使用されたのは、1279年のエドワード1世の4ペンス銀貨からだった。

それがエドワード3世の時代になると一般的となり、流通貨としては1662年まで続けられた。以降は貧民救済のためのモンディマネーのコインとして発行された。

4グラム近い銀貨でスタートするが、やがて3グラムから2グラム台にと量目を減じていった。

オランダではGROOTとして用いられた。北海沿岸ではGROTEであった。

2013.11.14|貨幣の基礎知識

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL