超大型銀貨は確実な資産「インフレヘッジ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
 大型金貨の定義を仮に、直径38ミリ以上、量目25グラム以上としてみよう。
一応、ドイツ帝国(1871-1918)の5マルク銀貨-これを標準としてみた。
 そうすると大型銀貨とは、その2倍のサイズを有する、2ターレル銀貨となってくる。
本当の意味での「超大型銀貨」とは、やはり量目50から60グラムは欲しい。


【*ここから先は会員様限定公開になります。
会員登録がまだお済でない方は「こちら」よりご登録をお願いします。
会員の方はこちらから「ログイン」が出来ます。】

2014.4.15|コレクションの始め方 ヨーロッパ 資産としてのコイン

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL