リチャード3世(1483―85)  イギリス(イングランド)グロート(4ペンス)銀貨

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

裏リチャード3世 リチャード3世

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリス(イングランド)グロート(4ペンス)銀貨

 リチャード3世(1483―85)ロンドン造幣所

 

リチャード3世の肖像を描くコインは、その殆どが摩耗していたり破損したものが多く、これだけ円形を保ちしかも無疵であることは奇跡に近い。

50年以上コイン界を注目していて、初めて遭遇した逸品と言える。

裏面上部の9時から3時にかけてLON/DONと造幣所名が読める。

(旧NEW  ENGLAND MUSEUM 収蔵品)

リチャード3世はプランタジネット家の支派ヨーク家出身のイングランド王でエドワード4世の弟だった。その没後に後継者となった甥のエドワード5世の摂政となるものの、王をロンドン塔に幽閉して即位した。バッキンガム公の叛乱を鎮圧したが、リッチモンド伯ヘンリー(のちのヘンリー7世)により爆破され敗死、プランタジネット家がここに断絶した。

その短いが波乱に富んだ治世は、ウィリアム・シェークスピアの〈リチャード3世〉

に描かれ、歴史に名を留めたのである。

*Recommend

2013.11.13|コレクションの始め方 ヨーロッパ 中世/近世

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL