ハイグレードのマイナーコイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

大きな資金を投じられないという人には、小型金貨以外にも方法がある。金貨のように金地金でかなりの値段になることがなく、
純然たる稀少価値の勝負だからだ。

この場合、多少珍しくともグレードが低いと、殆ど値上がりなど期待できない。
何故なら流通市場で長いこと使用され、摩耗してしまった銅貨などマイナー貨は、それこそゴマンと
存在するためである。
多少グレードが落ちても値が付くとなると、1941年から42年にかけての日本軍の侵攻により、流通市場へ出る前にそっくり押収された、
香港、マラヤ、サラワクなどのものが挙げられる。
古代ギリシアやローマの青銅貨も、グレードが良好なら、将来性は大きい。
いつ風が吹くか判らないので、長い目でコレクションを続けたいものだ。

 

 

デュポンディウス青銅貨 カエサル デュポンディウス 青銅貨

 

 

 

 

B.C38年 ユリウス・カエサル

ユリウス・カエサルの死を追悼した記念貨

カエサル/オクタウィアヌス(アウグストゥス)

 

 

2014.1.7|ギリシャ/ローマ コインについて

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL