アテナイのテトラドラクマ銀貨

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

2012年のNHKの番組で、古代ギリシアのアテナイにおいて、フクロウを描くテトラドラクマ銀貨が、あたかも流通市場の主役だったように描かれたものがあった。

けれど当時の経済規模からして量目が17グラムというテトラ―4ドラクマが一般市民の間で授受されていたというのは無理がある。

マーケットに出かけて一片の肉塊、あるいは数個の果物が、銀貨を必要とする金額だったか、考えてみれば直ぐ理解できる。

つまり金貨でもなく銀貨でもない、青銅貨(銅貨)が主役の世界だったのだ。銅ですら稀少な貴金属であることを忘れてならない。

それでは今日にも残っている16から17グラムのテトラドラクマ銀貨は、一体何を目的に製造されたのであろうか?・・・・・・
【*ここから先は会員様限定公開になります。

会員登録がまだお済でない方は「こちら」よりご登録をお願いします。

ホーム画面右側の「ログイン」からも新規会員登録が出来ます。】

 

 

2014.5.22|ギリシャ/ローマ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL