絶対に買いのマクシミリアン1世

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

神聖ローマ皇帝としてハプスブルク家の世襲を確立し、また2度の結婚により領地を拡大した中興の祖として、
マクシミリアン1世(1493-1519)はあまりに有名である。
彼が1492年に譲り受けたティロルは、銀の産地だった上に、ジギスムントが世界最初の完全年号入り大型銀貨を発行していた。
このため大型銀貨――グルディナー銀貨が、すんなり製造されるようになったのだ。

【*ここから先は会員様限定公開になります。

会員登録がまだお済でない方は「こちら」よりご登録をお願いします。

ホーム画面右側の「ログイン」からも新規会員登録が出来ます。】

 

2014.3.7|ヨーロッパ 中世/近世 資産としてのコイン

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL