ヴィクトリア女王のコイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

2015年にエリザベス2世が在位最長記録を更新するまで、ヴィクトリアは64年にわたる歴代国王中最長の治世を行った英国の女王であった。
彼女はジョージ3世の4男ケント公の娘として生まれ、18歳で即位した。
1840年にはアルバート公と結婚、立憲君主としての地位を固め、国民に敬愛された。
1877年にディズレーリ首相の計らいでインド女帝の称号をも得た。
 ヴィクトリア女王の肖像を描いたコインは、英本国だけでなく、
オーストラリア、英領ギアナ、マルタ、カナダ、
ニューファウンドランド、ニューブランズウィック、プリンス・エドワード島、セイロン、ノーヴァスコシア、キプロス、
東アフリカ、英領ホンジュラス、香港、インド、ジャージー、モーリシャス、ジャマイカ、
海峡植民地などで独自のものが使用された。
英本国においては、ゴティック・クラウンのような美しいコインに肖像を描かれたことで知られると同時に、
長い治世だったため実際の年齢よりはるかに若い肖像のコインが通用していたことでも有名である。

 
 なんといってもヴィクトリア女王のコインを代表するのは5ポンド金貨であろう。
英国の5ポンド金貨は、1826年のジョージ4世の治世下に初めて発行された。
そしてウィリアム4世、ヴィクトリア女王、エドワード7世、ジョージ5世、ジョージ6世
などの肖像を描いたタイプが存在する。
 この中でヴィクトリア女王には、1839年の<ウナ・ライオン>タイプ、
1887年の<ジュビリー>タイプ、1893年の<オールドヘッド>タイプの3つのヴァラエティがある。
ヴィクトリアの5ポンド金貨はその美しさから非常に人気が高く、
グレードの高いものは市場で見かけることが少なくなってきている。
年々、高値をつけており、資産として持っておきたいコインのひとつである。
コレクターなら、だれもが欲しがる逸品であろう。

Victoria gold 5 Pounds 1887 MS64Victoria gold 5 Pounds 1887 MS642
【イギリス 5ポンド金貨 ヴィクトリア1887年 MS64】

 また、ジョージ4世、ウィリアム4世、ヴィクトリアの<ウナ・ライオン>、
ジョージ5世、ジョージ6世の5ポンド金貨は、
いずれもプルーフとしてのみ発行された。
さらにエリザベス2世にも、1953年に5ポンド金貨が製造されているが、
これは製造技術の保持とこのシリーズを絶やさぬためのものでもあり、
王室や王立造幣局に収まったごくわずかしか存在しない。

こちらで紹介したコインはおすすめコインとしてCoin-Expertオンラインショップで販売中。

2016.9.9|ピックアップ記事 ヨーロッパ 資産としてのコイン 近代(ナポレオン以降)

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL