ルイ13世のコインは狙い目 「インフレヘッジ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

フランス王のルイ13世(在位1610-43)は、孫のルイ14世が太陽王として派手に君臨したことで

その陰に隠れて地味な存在となっている。

しかしながら彼の肖像を描いたコインは、60ソル銀貨をはじめ魅力にあふれたものが多い。

この60ソルという額面は、ルイ14世の時代に入って、エキュという大型銀貨の額面となる。

だから1641年から43年にかけての、最晩年の大型銀貨については、事実上のエキュ銀貨と考えてよい。

フランスにおける最初の流通市場で使用された大型銀貨だった。
【*ここから先は会員様限定公開になります。

会員登録がまだお済でない方は「こちら」よりご登録をお願いします。

ホーム画面右側の「ログイン」からも新規会員登録が出来ます。】

 

2014.4.23|ヨーロッパ 中世/近世

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL