スイス・バーゼル 2ターレル銀貨

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

SWITZERLAND. Basel. 2 Taler, 1741. NGC EF-45 SWITZERLAND. Basel. 2 Taler, 1741. NGC EF-452

スイス・バーゼル 2ターレル銀貨  ND(1741)川の横からを描く

Coin-Expertオンラインショップで販売中です→http://coinexpert.jp/products/detail.php?product_id=66

 

ヨーロッパには都市の景観を描いたコインが40種以上見られるが、そのなかでも2ターレル以上の超大型銀貨が面白い。

なぜならその多くは直径が40ミリ以上あり、広大な景色を描いているからである。

大きなものでは、ドイツのブラウンシュヴァイク・ヴォルフェンビュッテルで1679年に発行された、

4ターレルと5ターレル銀貨が上げられる。これらは同じ極印で製造しており。直径はどちらも56ミリだった。

フランクフルトで1840年から44年にかけて発行された2ターレル銀貨は、同盟貨幣FEREINS-MUNZEだから、

直径41ミリで量目31グラムとあまり大きくない。

1600年代のドイツには、マグデブルクとニュルンベルクに超大型銀貨が見られる。

けれどそれらより遥かに魅力あるのが、1700年代にスイスのバーゼルで発行された

市の景観を描く2種の2ターレル銀貨だ。

バーゼルはスイスだけでなく、ドイツやフランスとも国境を接しており、旅券を手にしていれば自由にこれらを往復できた。

私もコインのオークションはスイス領で、食事などはフランス側へ、飲みに出かけるにはドイツへと言った行動をしていたものである。

さてこれらのバーゼルの都市の景観を描く2ターレル銀貨は、川を横から、あるいは正面からと、異なるアングルで描いているのが興味深い。

やはり量目が50グラム見当ともなると、ずっしりした重量感が素晴らしい。

また裏面の鷹の紋章はなかなかの出来栄えで、1794年からのアメリカのシルヴァーダラーよりも鷹が美しい。

とりわけ1741年のタイプのグレードの良好なものは、羽根がしっかり残っていると絶品だ!

2014.8.22|ピックアップ記事 ヨーロッパ 中世/近世 資産としてのコイン

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL