ジェームズ・ボンドのベルトに仕込まれた5ポンド金貨

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ジェームズ・ボンドが隠し持っていた5ポンド金貨 ジョージ6世 1937年

ジェームズ・ボンドが隠し持っていた5ポンド金貨 ジョージ6世 1937年

イアン・フレミングの傑作スパイ小説(007)の主人公――ジェームズ・ボンドは、ベルトの芯に5ポンド金貨を10枚、密かに隠していた。

これはドル紙幣やポンド紙幣が通じない地域に置いて、唯一絶対的価値を有する物品–すなわち金貨だった。

量目39.94グラムで金品位1000分の917というイギリスの5ポンド金貨は、1937年に発行されたジョージ6世の肖像を描いたものである。

1950年から60年代なら金の地金価格で売り飛ばしても、イギリスの統治の及ぶ土地まで脱出できた。

また合計にして400グラムはベルトを武器とした場合に、決定的な決め手となることが多い。

ベルトを腰から抜いて顔面を一撃すれば、頭蓋陥没は必至となる。

 

 

2014.6.1|コインについて ヨーロッパ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL