カエサルの肖像を描いたコイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

カエサルの肖像を描いたデナリウス銀貨は、かなりのバラエティが存在する。
中年の細面がカエサル自身のものである。
若い顔のはウェヌス(ヴィーナス)などを描いたのもだった。

 また、暗殺後に自らの地位固めに熱心なオクタウィアヌスは、
ドゥポンディウス青銅貨の表裏に、自分とカエサルを描かせた。
カエサル追悼記念の意味を有していたのだ。
この時期の死後発行も目立つ。
 母がカエサルの妹の娘だったオクタウィアヌスは、縁戚関係を強調して自らを後継者と称した。
そしてこの追悼記念貨を大量に流通させ、宣伝媒体として利用したのであった。
これは多くが流通市場にあったことで、保存状態の良好なものは極めて珍しい。
 もう一人の<ジュリアス/シーザー>の主役ブルートゥスにも、デナリウス銀貨が存在していた。
そのうちの1種にはFID.MARつまり「3月15日」と暗殺実行日をしっかり刻んである。

http://coinexpert.jpではマークアントニーとクレオパトラ、カエサルとオクタウィアヌスが描かれた
貴重な歴史的史料とも言えるコインをご紹介しています。

2016.9.28|シェークスピア作品の主人公とコイン

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL