「ローマ・コイン――見事な実在の人物の肖像」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ローマ期は共和政末期から、実在の人物の肖像を描いてきた。これは既にギリシア期エジプトのプトレマイオス1世(B.C.323-285)以来、ときおり見られるようになったが、それが本格化したのは帝政に入ってからだった。
共和政末期ではB.C.44年のカエサル追悼記念ドゥポンディウス青銅貨が知られる。ここにはのちのローマ初代皇帝アウグストゥス(オクタヴィアヌス)、あるいは小ポンペイウスなどの顔も見られる。
アウグストゥスは即位すると、デナリウス銀貨などに肖像を描かせたが、彼は貨幣刻印師に命じて理想化させた。このため初代皇帝については、肖像の顔を信じない方が良い。しかしながら第2代皇帝のティベリウス以降、多くの皇帝の肖像について、後世に面影を伝えていると考えられる。ローマの貨幣は、アウレウス金貨、デナリウス銀貨、セステルティウスやアース青銅貨などが主なものだ。とりわけセステルティウス青銅貨は、初期から中期にかけて直径が35mm近くあるため、手にして重厚さを感じさせる。もちろんグレードさえ良好なら、より小型の金貨や銀貨に描かれた肖像も、私たちを十二分に満足させてくれる。
グレコ・ローマン文化は現在の欧米の基礎だけに、その人気は極めて根強いものがある。だからギリシアやローマ期のコインを蒐集するコレクターが極めて多く、資産としての受皿は歴史の深さが違うのだ。
私はローマ皇帝の肖像を描くセステルティウス青銅貨を39種、コレクションしたことがあった。急に換金の必要が生じたとき、かなり有利な条件で短時間のうちに買手が見つかり、大いに喜んだ記憶がある。
(個別のコインについては稿を改めたい)

2013.7.30|ギリシャ/ローマ コインについて ヨーロッパ 地域コレクション 時代コレクション

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL