安南の内帑金(ナイドキン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

安南(今日のヴェトナム中央部)王朝には、1800年代中期に多くのバラエティの金の延板が存在する。
一両(38グラム程)から100両という重量タイプまで、多くのサイズが存在した。
これらは大きく2つに分かれており、<官金>という文字が刻まれているのは、政府の公金を意味している。
一方の<内帑金>は、王室の資金である。
【*ここから先は会員様限定公開になります。
会員登録がまだお済でない方は「こちら」よりご登録をお願いします。
会員の方はこちらから「ログイン」が出来ます。】

2014.8.27|アジア ピックアップ記事 貨幣の歴史 近代(ナポレオン以降)

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL