5セント白銅貨が3億円!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

読売新聞に報じられたオークションでの高額落札の記事

                           

                      読売新聞に報じられたオークションでの高額落札の記事

 

 

2013年4月のアメリカ・シカゴで催されたオークションで、アメリカの1913年の5セント白銅貨が317万ドルの高値での落札を記録した。丁度100年で額面の6340万倍になったのを意味する。
これは前年で製造が停止されたのを、フィラデルフィア造幣局の局員が、秘かに5枚だけ製造してしまったと伝えられる。実はこのタイプの5セント白銅貨は、2001年3月にもオークションにかけられており、このときは184万ドルを記録したのである。
これまでオークションでの最高落札額は、2002年7月のものが知られている。このときはアメリカの20ドル金貨の1933年タイプで、759万ドル(この時点の為替レートで約10億円)を記録した。44万5500枚が製造されたものの、金の禁輸と解禁の繰りかえしで殆どすべてが熔解され、こうした高値になったのだった。

2013.8.20|南北アメリカ 地域コレクション

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL