アメリカ20ドル金貨 1849-1907年  リバティヘッド・タイプ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

アメリカの20ドル金貨1849年ー1907年自由の女神を描くタイプ

                                                                                                             アメリカの20ドル金貨1849年ー1907年自由の女神を描くタイプ

 

アメリカは1849年にカリフォルニアのサクラメント近郊でゴールドラッシュが起こり、莫大な量の金を

産出するようになった。それによって新しく20ドル金貨の発行が計画されたのである。  けれど1849年銘のものは1枚の試作だけで終わり、それはスミソニアン博物館に収蔵された。もしオーク

ションに出品されたら、絶対に1500万ドル(およそ15億円)は確実だと言われる。  本格的な流通は1850年から始まり量目33,436gを誇るこの大型金貨は、市場での人気を呼んだ。金地金

の価格に連動しやすいため、インフレヘッジとしての投資対象に適していると思われる。ほぼ1オンスの

量目は地金換算が容易だ。 *1オンス(正確にはトロイオンス)=31.1035グラム

2013.9.6|南北アメリカ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL