地域コレクション

世界一の銀山に置かれた造幣所

ボリバルのポトシ入城を記念した1825年の銀メダル・ポトシ造幣所が製造したコインやメダルで最も出来栄えの良い傑作

2014.5.21|南北アメリカ 近代(ナポレオン以降)

1565年のこと、1人のスペイン人宣教師が布教活動中、上ペルーのポトシで銀の鉱脈を発見しました。 「ポトシの丘 [...]...

>> 続きを読む

紙幣一枚がサラリーマンの年収

No Image

2014.5.15|ヨーロッパ 紙幣について 近代(ナポレオン以降)

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパなどでは高額紙幣が発行されていました。 オーストリアの1000ク [...]...

>> 続きを読む

ガリバルディのサイン入り紙幣!

papersarudelinia2

2014.5.2|ヨーロッパ 紙幣について 近代(ナポレオン以降)

    1860年頃までのイタリアは小那分立状態が続いた上にオーストリア勢力も根強く存在しており、 [...]...

>> 続きを読む

「ケッツァル鳥が神の国」

No Image

2014.4.26|南北アメリカ 近代(ナポレオン以降)

中央アメリカのマヤ文明が発展した土地では、美しいケッツァル鳥が生息していることで知られてきました。 これは神様 [...]...

>> 続きを読む

スイスのグルディナー銀貨

No Image

2014.4.23|ヨーロッパ 近代(ナポレオン以降)

オーストリアのティロル地方では、ジギスムント大公の時代1484 年に、初めて量目31グラムという厚手のグルディ [...]...

>> 続きを読む

ルイ13世のコインは狙い目 「インフレヘッジ」

rui132

2014.4.23|ヨーロッパ 中世/近世

フランス王のルイ13世(在位1610-43)は、孫のルイ14世が太陽王として派手に君臨したことで その陰に隠れ [...]...

>> 続きを読む

アメリカ初期のコイン「インフレヘッジ」

US HALF DOLLER

2014.4.15|人気記事一覧 南北アメリカ 資産としてのコイン

 アメリカの貨幣発行の歴史は浅く、1セント銅貨が1793年、1ドル銀貨が1794年、 10ドル金貨が75年と決 [...]...

>> 続きを読む

超大型銀貨は確実な資産「インフレヘッジ」

No Image

2014.4.15|コレクションの始め方 ヨーロッパ 資産としてのコイン

 大型金貨の定義を仮に、直径38ミリ以上、量目25グラム以上としてみよう。 一応、ドイツ帝国(1871-191 [...]...

>> 続きを読む

世界最初の完全年号入り大型銀貨

ジギスムント大公描く1868年グルディナー銀貨

2014.3.25|ヨーロッパ 中世/近世 資産としてのコイン

「インフレヘッジと値上がり期待の注目コイン」 コインのコレクターのあいだでもっとも人気のあるのは、なんといって [...]...

>> 続きを読む

絶対に買いのマクシミリアン1世

シャウターレル銀貨 1二分の一

2014.3.7|ヨーロッパ 中世/近世 資産としてのコイン

神聖ローマ皇帝としてハプスブルク家の世襲を確立し、また2度の結婚により領地を拡大した中興の祖として、 マクシミ [...]...

>> 続きを読む

< 2 3 4 5 6 >