ヨーロッパ

神聖ローマ帝国 6ドゥカット金貨 1479年(1520年の死後発行) マクシミリアン1世とブルグントのマリア結婚記念

2013.10.30|ヨーロッパ 近代(ナポレオン以降)

  2度の結婚により領地を劇的に拡大したという賢明な人物が、このマクシミリアン1世である。 もう1人は30年戦争の英雄――アルブレヒト・フォン=ヴァレンシュタインだ。 1...

>> 続きを読む

プロイセン フリードリヒ2世 銀メダル

2013.10.24|メダルについて ヨーロッパ 近代(ナポレオン以降)

フリードリヒ2世大王の肖像を描いたコインは、1740年前後の大型銀貨――バンコ・ターレルなどが素晴らしく、極めて高い人気を有している。とりわけ極美品クラスともなると、際立って高価な...

>> 続きを読む

本土が占領されたグリーンランド・コイン

2013.9.7|ヨーロッパ

                                                                                          ...

>> 続きを読む

ゴーストを描いたアイルランドのガンマネー  

2013.9.4|ヨーロッパ 近代(ナポレオン以降)

                    アイルランド ガンマネー (ゴースト)ジ...

>> 続きを読む

発行寸前だったエドワード8世のクラウン

2013.8.21|コインについて ヨーロッパ

                       イギリス クラウン試作銀貨  エドワード8世 1937年 エドワード8世(1936)は、2度の離婚歴のあるアメリカ人女性との結婚問題で...

>> 続きを読む

最初のクラウン銀貨

2013.8.16|コインについて ヨーロッパ 地域コレクション

                イギリスクラウン銀貨  1551年 エドワード6世 これだけのものは...

>> 続きを読む

オリヴァ―・クロムウェルのコイン

2013.8.9|ヨーロッパ 中世/近世

  イギリス・コモンウェルス ブロード金貨 クロムウェル       ――極美品で2万ポンドを超えてきている   クロムウェル(1599―1658)は、国王チャ...

>> 続きを読む

「ローマ・コイン――見事な実在の人物の肖像」

No Image

2013.7.30|ギリシャ/ローマ コインについて ヨーロッパ 地域コレクション 時代コレクション

ローマ期は共和政末期から、実在の人物の肖像を描いてきた。これは既にギリシア期エジプトのプトレマイオス1世(B.C.323-285)以来、ときおり見られるようになったが、それが本格化...

>> 続きを読む

< 1 2 3 4 5