2014.8

資産の対象となるコインとは

2014.8.28|コレクションの始め方 ピックアップ記事 人気記事一覧

アンティークコインはその殆どが資産たりうる。 40年前に地銀価値しかなかった、仏領インドシナのピアストル銀貨も、いまでは未使用なら並年号でも300ドルしている。 やはり長い年月のあ...

>> 続きを読む

「ナポレオン一族の貨幣発行」3 ~ナポレオンの弟たち~

No Image

2014.8.27|ヨーロッパ 近代(ナポレオン以降)

ナポレオンの弟 ルイ・ボナパト   ナポレオンの弟でイタリア遠征やエジプト遠征に加わるが、これといった活躍は全く見られなかったルイ・ボナパト。 1802年にナポレオンの妻...

>> 続きを読む

安南の内帑金(ナイドキン)

No Image

2014.8.27|アジア ピックアップ記事 貨幣の歴史 近代(ナポレオン以降)

安南(今日のヴェトナム中央部)王朝には、1800年代中期に多くのバラエティの金の延板が存在する。 一両(38グラム程)から100両という重量タイプまで、多くのサイズが存在した。 こ...

>> 続きを読む

コインとグレード

No Image

2014.8.25|コレクションの始め方 ピックアップ記事 資産としてのコイン

このタイトルが何故「コインのグレード」でないかと言うと、 狙うべきグレードはそのコインごとに条件が違うからである。 近年の顕著な傾向は、MS至上主義だといえる。 すなわち[ミントス...

>> 続きを読む

ナポレオン一族の貨幣発行2   ジョゼフ・ボナパルト 

2014.8.25|ヨーロッパ 近代(ナポレオン以降)

ジョゼフ・ボナパルトはナポレオンの兄ですが、常に長子であることを盾に高い地位を要求、 ナポリ王では満足せずスペイン王位を要求しました。 ナポリ王ではウェリントン軍の接近を知るとマド...

>> 続きを読む

スイス・バーゼル 2ターレル銀貨

2014.8.22|ピックアップ記事 ヨーロッパ 中世/近世 資産としてのコイン

スイス・バーゼル 2ターレル銀貨  ND(1741)川の横からを描く Coin-Expertオンラインショップで販売中です→http://coinexpert.jp/product...

>> 続きを読む

ロシア ルーブル銀貨 1721年 ピョートル1世(大帝)

2014.8.22|ピックアップ記事 中世/近世 貨幣の歴史

ロシア ルーブル銀貨 1721年 ピョートル1世(大帝) Coin-Expert オンラインショップで販売中です→http://coinexpert.jp/products/det...

>> 続きを読む

セント=ジョージの龍退治

2014.8.22|ピックアップ記事 ヨーロッパ 資産としてのコイン

  ハンガリー10ドュカット金貨 Coin-Expert オンラインショップで販売中です! http://coinexpert.jp/products/detail.ph...

>> 続きを読む

フォン=クラウゼヴィッツの認めた不世出の天才軍略化

2014.8.22|ピックアップ記事 ヨーロッパ 資産としてのコイン

カール・フォン=クラウゼヴィッツといえば、中世から近世の戦術戦略の研究者で、 その著書<戦争論>VOM KRIEGEは、名著としてあまりにも有名である。 このフォン=クラウゼヴィッ...

>> 続きを読む

 ナポレオン一族の貨幣発行 1[ナポレオン・ボナパルト〈ナポレオン1世〉(1769年-1821年)]

2014.8.20|ヨーロッパ 近代(ナポレオン以降)

19世紀初頭のヨーロッパを折檻したナポレオン・ボナパルトは、その一族郎党を各地の王に封じたことから、随所に興味深い貨幣発行を行った。 それぞれが土地に応じた貨幣制度の下で見事なコイ...

>> 続きを読む

1 2 >